ハピ子のドイツサバイバル手帳

ドイツで生きるアラサー女子ハピ子がドイツでの生活や、大好きなヨガについて綴っているブログです。

フランスはボルドーへ美食とワインの旅に出かけました。

もいん もいん!ドイツ在住アラサー女子ハピ子です🤗🍷💕

今週の一週間お仕事終わって、昨日は帰宅してちょっと夕寝して(急に寒くなったし疲れてたのかなあ。。)ヨガに行きました。特に変哲のない金曜日・・でもヨガに行けて幸せでした🧘‍♀️💕

 

正直に言ってしまうと・・ブログに何を書けばいいかちょっと迷子なので😅 今年の旅をおさらいシリーズを前回から始めています✈️💕

今回は、フランスボルドーへ行った時のことを書こうと思います🍷🍖✨

f:id:Handstand:20190906065044j:plain

 

ボルドーってどこにあるの?

ボルドーはフランスの南西部にあり、大西洋に面しています。

f:id:Handstand:20190906071451p:plain

写真引用元:frenchwinejiten

 

ドイツからは約3時間のフライトです✈️

私が行った今年の3月は直行便で往復125ユーロくらいでした。

 

ボルドーへのアクセス

日本からボルドーへの便を調べてみました。

例えば12月4日〜8日の5日間で、乗り換え1回、約11万円です。

f:id:Handstand:20190907214059j:plain

 

例えば日本からパリは同じ日程で直行便を探すと同じくらいかかりますが

f:id:Handstand:20190907214720j:plain

乗り換えてちょっと時間をかけていくと約7万円で行くことも出来るようです。

(こちらは12月1日〜6日で検索した結果)

f:id:Handstand:20190907214837j:plain

 

パリからボルドーまでは鉄道で2時間半〜3時間ほど、料金は往復100ユーロ〜200ユーロほど(約12000円〜24000円)で着くようなので、デイトリップか1泊のショートトリップでも頑張ればいけるかなと思います🚃🌻

 

ボルドーといえばワインとカヌレ

赤ワインが有名なボルドー

ボルドーと聞くと思い浮かぶのがワイン🍷ではないでしょうか?

ボルドーは、ブルゴーニュと並ぶフランス2大ワイン名産地のうちの一つです。

ボルドーワインの90%が赤ワインで、色々なブドウの品種を混ぜ合わせて作られることがその特徴です😊💕 

f:id:Handstand:20190907215710j:plain

 

 

あのカヌレはボルドーのお菓子でした

ボルドーの代表的なお菓子がかのカヌレだってご存知でしたか?
f:id:Handstand:20190906065119j:image

シンプルだけれどもたまらない美味しさに、感動しました🥺💕 何個でも食べれます。止まらなくなります🤭

 

夜のボルドーをちょっとだけ

ちなみに、こちらが夜のボルドー、ブルス広場です。

f:id:Handstand:20190906065235j:image

広場には多くの人が集まって賑わっていました。

f:id:Handstand:20190906065218j:image 

 Saint-Emillion(サンテミリオン)へ行ってきました!

ボルドーの街をあまりみないで何をしていたかというと・・・

ボルドーの中心地から車で約30〜40分、ワインの産地 Saint-Emillion(サンテミリオン)へ行ってきました!

サンテミリオンボルドーの中でも高級赤ワインとして有名だそうです。

サンテミリオンの街並みとワイン畑

見渡す限り、ワインワインワイン〜f:id:Handstand:20190906065136j:image

サンテミリオンの街。村サイズ。小さいけど絵本の中に入ってしまったみたいな感じでどこを見ても美しくて可愛いです。
f:id:Handstand:20190906065057j:image

てくてく。坂が多かったです。
f:id:Handstand:20190906065243j:image
教会はどこにでもありますね。
f:id:Handstand:20190906065044j:image

街角。ただの街角がこんなに美しいのはなぜでしょう🤤💕
f:id:Handstand:20190906065149j:image
村の中にも、ワイン畑。
f:id:Handstand:20190906065213j:image
羊もいました。
f:id:Handstand:20190906065142j:image

猫ちゃんも。
f:id:Handstand:20190906065229j:image

 

 

サンテミリオンのワイン屋さんに行きました

さて、サンテミリオンのワイン屋さんに行きました😍💕

ワインのお店にこんな絵が。

f:id:Handstand:20190906065238j:image

ワインがまだグラスに入っている(=まだ飲んでいない)時は、、

1. I don't understand you... 「ちょっと君の言っている事よくわからないな」

ワイングラスがほぼ空になると(=飲んだ後)

2. Now I do. 「よし今ならわかる」

まあ要は、美味しいワイン飲んだ方が色々わかるようになるってことですね😊🍷

 

f:id:Handstand:20190906065202j:image

I just rescued some wine, it was trapped in a bottle!

「ちょっとワインを今レスキューしたとこ、ボトルの中に閉じ込められてたみたいだから」

閉じ込められてるワインを助けてあげる=ワインを飲んであげるのはいいことだ!という事ですね😊🍷

 

このお店では8種類くらいトライさせてもらって、私は2本買いました。

2本合わせて50ユーロ(約6000円)もして、普段は1本10ユーロ以上のワインは買わないと決めているのでかなり躊躇しましたがせっかくボルドーまで来たんだから・・と思って買いました。美味しかったので買ってよかったです❤️

牡蠣を食べに!大西洋側にも行きました

別の日には、車に乗って40分ほどかけて大西洋側のアルカション湾側へ。

ビーチを散歩しました🌊✨
f:id:Handstand:20190906065104j:image
f:id:Handstand:20190906065108j:image


小さい家が並びます。漁師の家って感じでしょうか?
f:id:Handstand:20190906065208j:image
f:id:Handstand:20190906065300j:image

海から揚げたての牡蠣がたくさん!!
f:id:Handstand:20190906065051j:image

ということでオイスター、いただきました🤤💕

一つ1ユーロ(120円)でした。牡蠣だったので白ワインと一緒に。新鮮でとっても美味しかったです。

f:id:Handstand:20190906065254j:image

 

ボルドーの物価 

パリは高い!というイメージかつ実際パリの物価はかなり高いですが、ボルドーはそんなことありません。

例えば、レストランでメインと前菜かデザートのどちらか合わせて2品のコースを注文すると20ユーロほど(約2400円)でした。

ワインはグラス5ユーロ(約600円)ほど。ワインは高いと感じました。

 

こちらはエビのリゾット(メイン)。大きなエビが豪華でプリプリしてて美味しかったです🦐💕

f:id:Handstand:20190907221555j:plain

こちらもメイン。サラダの下にはお肉が。見た目も華やかです。

f:id:Handstand:20190907221724j:plain

デザート、クリームブリュレ。

f:id:Handstand:20190907221851j:plain

こちらもデザートのりんごのパイに、バニラのアイスが載っています。ほっぺが落ちるかと思いました。

f:id:Handstand:20190907221914j:plain

 

まとめ

無知識だったこともありあまり期待しないで行ったボルドーでしたが、ワインはもちろんのことお食事も美味しいだけではなく思っていたよりもずっと安かったです!(パリ価格を覚悟していました)

また、大西洋にも面しているため牡蠣もすごく新鮮なものをいただけて、カヌレも美味しくって素晴らしい旅になりました😻💕

ボルドーの方々はとても親しみやすく優しくて、英語でコミュニケーションを取ろうとしてくれ他ので「フランス語なんてできないけど大丈夫かな」と思っていたそんな不安を吹き飛ばしてくれました。

この旅でパリよりもボルドー派になったハピ子でした🤗🍷

 

ここまでお読みいただきどうもありがとうございました🙏💕