ハピ子のドイツサバイバル手帳

ドイツで生きるアラサー女子ハピ子がドイツでの生活や、大好きなヨガについて綴っているブログです。

【インドで毎日ヨガ三昧!】ドイツ人に混ざってインドでヨガのリトリートに参加★その費用と内容をご紹介!

ナマステ〜!ドイツ在住アラサー女子、ハピ子です🤗🌺

ドイツで会社員をしながら毎日ゆるゆると幸せに生活している私のブログは特に最近は食べ物日記になりつつあります・・😅ですが!今日は久しぶりに大好きなヨガについて書こうかなと思います。

というのも・・・ヨガリトリートに参加するためのインド行きのチケットをつい先日購入😍✈︎ したのですが、今年行ったインドでのリトリートの記事を書いてなかったなと思ったので、この記事では私が今年の2月に参加したインドはゴアでのヨガリトリートについて、ヨガリトリートとはそもそも何か、行ったきっかけやかかった費用、感想をお伝えしたいと思います。

f:id:Handstand:20190930011358j:image

 

ヨガリトリートとは?

ヨガリトリートとは、ヨガ集中練習トリップなので、一言で言うとヨガ合宿かなと思います。

 

普段の生活では得られないような肉体的、精神的な体験をすることができるのがヨガリトリートです。よっぽど経済的に恵まれていない限り、あるいは仕事以外の時間を全てヨガに費やしていない限りは、毎日何時間もヨガの練習をすることは難しいと思います。ヨガの練習というのは、アーサナ(ポーズ)の練習のほか、瞑想や呼吸法の練習も含みます。

 

通常ヨガリトリートは日常から離れた場所で、通常の練習量以上のヨガ集中プラクティスを行います。日常生活から離れるという意味で、都市から離れた自然豊かな場所で行われることが多く、1日に2回、5〜6時間の練習をすることが多いです。期間としては週末だけのものから、2週間以上のものまで様々です。

 

YogapediaというサイトでYoga Retreatについて説明があります。

以下は、ハピ子によるばっさり訳です。

「ヨガリトリートの目的は、普段の生活に妨げられることなくヨガプラクティスを深めることです。ヨガリトリートでは繰り返される毎週の習慣、つまり日常生活から一時的に抜け出すことができます。伝統的なヨガリトリートはゆっくりとしたペースでプログラムが組まれることが多いものの、欧米スタイルリトリートの中には高級ホテルにステイし高級レストランで食事をとりながら、ヨガや瞑想、マッサージ、ハイキング、乗馬や観光を楽しむようなレクリエーションに富んだものもあります。マインドフルネスあるいはスピリチュアルなヨガプラクティスに重きを置くリトリートも世界中に数多くあり、その値段は様々です。ヨガ指導者のもと、アーサナ(ポーズ)、瞑想そして呼吸法の集中練習にたっぷり浸かることで、頭をいっぱいにしている色々な煩悩から解放されます。

 

The purpose of a retreat is to allow yogis to deepen their practice without the distractions of life. Yoga retreats are temporary breaks from daily routine that typically last from weekend to a week or more. While the purpose of a traditional yoga retreat requires a slower pace, some western-style retreats are recreational vacations that feature five-star accommodations, high-end restaurants and a range of activities that include yoga classes, meditation, massage and even hiking, horseback riding and sightseeing. Many traditional retreats with a focus on mindful awareness and the spiritual practice of yoga can be found throughout the world, including the west, with price tags that range from high-end to modest. With the guidance of an instructor or guru, the yogis learn to let go of distractions as they immerse themselves in asana, meditation and pranayama practices.

引用元:Yogapedia

 

f:id:Handstand:20190930011403j:image

こちらの写真は午後のヨガ練習後に毎日日が落ちるのをビーチに見にいっていた時の一枚。

マインドフルネスとは?

マインドフルネス(Mindfullness)という言葉が出てきましたが、このコトバは日本語にするのは難しいなあ・・と思います。一言で言うと、今この瞬間だけに集中すること、そうすることで他の別の感情より解放されることを意味します。

 

「マインドフルネス」とは、自分の気持ちを“今、この瞬間”に意図的に向けて、現実をあるがままに知覚すること、あるいはそうした心の状態を体得するためのトレーニングを指す言葉です。メンタルヘルスを整え、創造性や集中力を発揮するためには、“今、ここ”に意識を集中し、とらわれているネガティブな感情や思い込みから離れることが有効だと考えられています。これは仏教の瞑想(めいそう)法に由来する概念で、欧米では1970年代頃からストレスに対処する技法として普及し始めました。近年はうつ病の再発防止を目的とする心理療法に導入されるなど、医療や教育、人材開発の現場でも注目を集めています。

引用元:Weblio

 

Oxford辞書によると、Mindfullnessとは

1、意識的であるという状態

2、今この瞬間に集中できている時に得ることのできる精神的状態で、同時に自分自身の感情や考え、身体的な知覚を認識できている状態

をいいます。

 

Mindfullness(quote from Oxford)

1、The quality or state of being conscious or aware of something.

2、A mental state achieved by focusing one's awareness on the present moment, while calmly acknowledging and accepting one's feelings, thoughts, and bodily sensations, used as a therapeutic technique.

 

実は私はマインドフルネスという言葉を今回初めて英語・日本語で調べたのですが、瞑想のことかあという感じです。

瞑想というのは、眠るのではなく、考えるのでもなく、心と頭を空っぽにすることです。

私は瞑想の意味がわかるまでに時間がかかり(よくうとうとしていました😴)今でもうまくいくときとうまくいかないときがあります。うまくいかないときというのは、頭によぎる考えに気が取られて瞑想に集中できなくなってしまうということです。

色々な考えがよぎっても、それに囚われたり、その続きを考えたりするのではなく映画館に座ってスクリーンに映し出されるそれらの気持ちを外側から見る、そうしているうちにそういった考えは消えていって瞑想に集中しやすくなると教わったことがあります。なかなか、難しいです🧘‍♀️

 

ヨガリトリートに参加したきっかけ

私はこれ以前にも一度、イビザでのヨガリトリートに参加したことがあったので、ヨガリトリートで得られるものはなんとなくわかっていました。毎日集中してヨガの練習ができること、ヨガに興味のある人たちだけが来るので話が楽しいこと、自由時間もたっぷりあるので読書したりプールサイドでのんびりしたりしながら過ごせること、心身ともにリフレッシュされること。

イビザでのヨガリトリートに関して過去に2記事投稿しているのでもしよろしければご覧ください🤗🌸

 

www.handstandhappyko.com

www.handstandhappyko.com

今回私が参加した理由は、ズバリ、休暇が余っていたからです。

休暇が余っていた、というのは、まあ、キッカケ。ヨガリトリートが好きであること、暖かい場所であることがそのほかの大きな理由です🧘‍♀️🌞

 

私が働く会社では、年内に消化しきれなかった休暇は翌年の3月31日までに消化すること、消化できなければ基本的には休暇は消えることになっています。

私は年明け時点で6日の有給が残っており、かつ残業した分の代休が4日残っていたので、それらを合わせて10日分の休暇がある使える状態でした。

3月末までに使い切らなければいけないのはわかっていても、わざわざ寒いドイツから、寒い日本にいくのも乗り気になれず、欧州も大体寒いしなあ・・と思っていたところに、オリ先生がインドヨガリトリートについて話していたことを思い出したのです。

オリ先生は去年私が参加したイビザのリトリートを開催したヨガの先生で、インドのリトリートはオリ先生とそのパートナーによる開催でしたので、どういう感じになるのかの大体の想像はつき、また先生を知っているという点で安心感もありました。

時期的にも、寒くて長い冬のためにほぼ鬱状態になっているであろう時期で、忙しい予算の時期も終わった完璧なタイミングだったので、高くなりそうだなあと思いつつも、ほぼ即決しました。

f:id:Handstand:20190930011513j:image

 

かかった費用

かかった費用は、約3000ユーロ(たか!!笑)

 

かかった費用(だいたい)

💰リトリート参加費用                      1500ユーロ

  10泊分の宿泊費、ヨガクラス、食事                1500ユーロ

  ヨガ練習前後にはチャイが出て食事は1日2回(朝と夜)出ました。

 

💰ハンブルクからゴアまでの飛行機代             700ユーロ

💰そのほか                      600ユーロ

  (内訳)

  インド滞在ビザ                 90ユーロ

  交通費、買い物                 300ユーロ

  マッサージ                   200ユーロ

 

そのほか、私はリトリートが終わったあとも2泊したのでその間にも約200ユーロかかりました。

 

💰後泊2泊     100ユーロ

💰食事       30ユーロ

 

インド滞在にビザが必要なんて知らず、しかもEビザの申請には約90ユーロかかり、これはちょっとショックでした💸

ビザだけでインドは儲けてるんじゃないか・・・そんなことはないけど、高すぎ・・・😭 日本なパスポートを持ててるだけで世界中で助かっていることは重々承知ですが・・90ユーロは高いです・・・💸

 

アーユルベーダのマッサージがたくさんあって、リトリートが終わった後はほぼ毎日行きましたが、一番良かったのはシロダーロ

おでこに暖かいオイルを、45分とか60分とか垂らされ続けるのですが、これが信じられないくらい気持ちが良かったです。最初ちょっとくすぐったいなと感じたのですが、どんどん気持ちよくなってきてなんというか、視界もスッキリ、頭もスッキリパッキリ、気持ち的にもぱーーっと世界が輝くような、そんな感じでした。髪がオイルまみれになりましたが、1日くらいはこのままで流さないでおくように言われたので、オイルべったりなままその日は寝ました😅

シロダーロすんごく気持ちよかったなあ・・と満足感でいっぱいでしたが、それだけではなかったんです❗️ドイツに帰ってから気づいたのですが、硬水の水でバキバキに傷んだ私の髪の調子が、このシロダーロを機に一気に良くなりました🥺💕

私の髪バキバキ話にご興味を抱いてくださる方は、こちらの過去記事もどうぞご覧ください。 

www.handstandhappyko.com

 シロダーロを説明しているこちらのリンクも貼っておきます。

www.vogue.co.jp

フライトスケジュール

Flight: Hamburg - Goa /// Sat 16 Feb - Thu 28 Feb

Departure: Hamburg - Goa

Sat 16 Feb 19 06:10 Hamburg (Hamburg, Germany)

Sat 16 Feb 19 07:15 Amsterdam (Schiphol, Netherlands)

Sat 16 Feb 19 11:20 Amsterdam (Schiphol, Netherlands)

Sun 17 Feb 19 00:35 Mumbai (Chhatrapati Shivaji, India)

Sun 17 Feb 19 02:20 Mumbai (Chhatrapati Shivaji, India)

Sun 17 Feb 19 03:30 Goa (Dabolim, India)

Total travel time 16h50

 

Return: Goa - Hamburg

Thu 28 Feb 19 20:20 Goa (Dabolim, India)

Thu 28 Feb 19 22:00 Muscat (Muscat International Airport, Oman)

Thu 28 Feb 19 23:25 Muscat (Muscat International Airport, Oman)

Fri 1 Mar 19 06:30 Amsterdam (Schiphol, Netherlands)

Please note that this flight has 1 stop in Dammam / Dhahran

Fri 1 Mar 19 08:25 Amsterdam (Schiphol, Netherlands)

Fri 1 Mar 19 09:30 Hamburg (Hamburg, Germany)

Total travel time 17h40

 

フライト情報をばばばばーーーーっと載せてしまいましたが・・インドは、遠かったです・・!!

ドイツの小さな空港ハンブルクから、インドの小さな空港Goaまでは2回乗り換えして約20時間かけて行きました。ムンバイは激混みで猛ダッシュで乗り換えしたり、帰りのマスカット-アムステルダム便はなんと途中でダンマンに着陸して追加の乗客が乗ってきたり(私はこれは初めての経験でした)とても疲れました😅

空港チケットは、720ユーロ(約8万7000円)でした。

 f:id:Handstand:20190930011425j:image

すっかり長くなってしまいましたので、プログラム内容や、参加者についてはまた次の記事でご紹介したいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます🙏💕