ハピ子のドイツサバイバル手帳

ドイツで生きるアラサー女子ハピ子がドイツでの生活や、大好きなヨガについて綴っているブログです。

&Other Stories(日本未進出のH&M傘下ブランド)に行ってきました★ そのコンセプトや店内の様子をご紹介!

もいん もいん!ドイツ在住アラサー女子ハピ子です🤗🌷

 

今日は先日のARKTEに続き、まだ日本未進出のH&M傘下ブランド、

& Other Storiesに行ってきましたのでそのコンセプトや店内の様子、価格帯などをご紹介しようと思います👢💕

 

f:id:Handstand:20190901060255j:plain

お店入り口。おしゃれ感漂います。

 

 

&Other Stories(エンド アザーストーリーズ)とは靴、バッグ、アクセサリー、コスメ、文具のほか "Ready-to-wear" (いわゆる既製服。説明後述しています)を展開するH&M傘下のブランド

パリ(フランス)、ストックホルム(スウェーデン)、ロサンジェルス(アメリカ)にデザインアトリエを構え、現在世界19カ国にショップを展開しています。

& Other Stories offers a wide range of shoes, bags, accessories, beauty products, stationery and ready-to-wear for women. In design ateliers in Paris, Stockholm and Los Angeles, & Other Stories creates collections with great attention to detail and quality. 

引用元:H&M Group/ &Other Stories

 

最初はビューティブランドのみを扱おうと始まった &Other Stories でしたがその広がりには限界があったため結局アクセサリー、靴、バッグ、そして"Ready-to-wear"(プレタポルテ、既製服)など幅広いファッションを提供することになったようです。

The initial idea was to create a stand-alone beauty brand within the H&M group. Just beauty, however, felt too narrow and accessories and fashion quickly followed suit as the brand was created. When & Other Stories launched in 2013, the brand introduced women to a concept of a wide range of accessories, shoes, bags, beauty and ready-to-wear.

引用元:H&M Group/ &Other Stories

 

なお、"Ready-to-wear" とはフランス語のプレタポルテ(prêt-à-porter、既製服)を英語にしたものですが、ここではちょっといい服、という感じの意味かと思います。

「着るようにすでに準備された」という意味。既製服は衣料事業者が大量生産、商品化したアパレル製品全般のことをさす。 その他、大量生産の商品ではなく、既製服の中でも高級なものを意味することもある。特に「ready-to-wear(レディ・トゥ・ウェア)」と表現されている場合は、パリにおけるプレタポルテを指していることが多い。

 引用元:FASHION PRESS

 

 さて、入店〜。白基調ですっきりした印象です。秋物が並んでいます。

f:id:Handstand:20190901060501j:plain

 

お店入ってすぐ左側。手前にはアクセサリーやベルト、バッグが並び壁側には服が並びます。

f:id:Handstand:20190901060351j:plain

 

お店入って右側。こちらもテーブルとチェアの上にアクセやバッグ、ハットが並びその奥に服が。

f:id:Handstand:20190901060415j:plain

 

お店入って進んでいき振り返ってパシャリ。店の真ん中は全て服以外のグッズで占められています。バスグッズ、コスメが店内1階の真ん中にあります。

f:id:Handstand:20190901060620j:plain

 

見た目が綺麗でかわいいハンドソープ、スクラブ、ハンドクリームも豊富に揃っています。

f:id:Handstand:20190901060650j:plain

 

いろいろな香りのおしゃれなスクラブを店内でお試しできます。

f:id:Handstand:20190901075822j:plain

 

さて、2階に上がります。階段の途中から見るとこんな感じです。コンセプト通り、お洋服よりもコスメやアクセが目立つような配置になっています。

f:id:Handstand:20190901060721j:plain

 

階段の踊り場もシンプルなのに素敵・・・!!!

f:id:Handstand:20190901060755j:plain

 

2階に到着してまず目に入るのはやっぱりテーブル。手袋やマフラー、バッグが並びます。

f:id:Handstand:20190901061059j:plain

 

左側はくつ、くつ、くつ!

余裕のある並べ方と統一感のある色使いが上品です。

f:id:Handstand:20190901060947j:plain

 

2階の奥はこんな様子。ガラス張りなので明るい印象を与えます。

f:id:Handstand:20190901061326j:plain

 

3階に上がります。このフロアはますますゆったり。置くものなかったの?と思うほど。笑 でもこれくらいスペースがあると悩みながらうろうろできます。

f:id:Handstand:20190901061129j:plain

 

3階のディスプレイ。シックで素敵です。左のワンピースなんかはオフィスにもぴったりだと思います。

f:id:Handstand:20190901061241j:plain

 

完全に個人的な好みではありますが、私が気になったグッズを価格とともにご紹介いたします👗💕 (アクセがたくさんのお店なのにお洋服ばっかり見てしまいました・・・。)

お値段は、H&Mより全然高め、ARKETよりちょい高めって感じです。

 

ショートブーツ。ヒールが低くて歩きやすそうなのは石畳がやけに多いドイツでは重要です。ワインレッドも、オレンジっぽいブラウンも派手すぎないものの綺麗な色なのでそれだけでワンポイントになる素敵なブーツだと思います。お値段は149ユーロ(約18000円)

f:id:Handstand:20190901061418j:plain

 

こちらもショートブーツ、でもかなり派手ですね💛

ジーンズと合わせるとかっこよく目立たせることができそうです。

お値段は135ユーロ(約16000円)

f:id:Handstand:20190901061439j:plain

 

こちらのブラウンカーディガン。コーヒー豆のようなこげ茶に近いブラウンがとてもシックかつ、形がとにかく綺麗です。

カーディガンの形ですが、ニットトップのような感じで一枚で着るのが素敵なんじゃないかな、と思います。お値段は49ユーロ(約6000円)です。

f:id:Handstand:20190901061507j:plain

 

こちらはもうちょっと厚めで暖かいカーディガンニット。羽織りものとしても、ニットとして着てもすごく可愛いと思います。お値段は79ユーロ(約9500円)

f:id:Handstand:20190901061543j:plain

 

そしてこのニット、ピンク+紫みたいな色がすごく綺麗で印象的です。日本人の肌にも合う色だなと思いました。元気の出る色ですね。形も綺麗です。お値段は89ユーロ(約10700円)です。

f:id:Handstand:20190901061603j:plain

 

&Other Stories は欧州を始め世界19カ国にショップがあります。

欧州:オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド、スペイン、スウェーデン、イギリス

アメリカ

中東:クウェート、カタール、アラブ首長国連邦

アジア:韓国

 

お店の場所はオフィシャルWebページより確認できます。

★&Other Stories ウェブサイト(英語)★

https://www.stories.com/en_eur/storelocator.html

 

韓国にはなんとすでに4店舗もあるようです👀🌟

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました🙏💕

欧州か韓国にお出かけの際はぜひのぞいてみてください❤️