ハピ子のドイツサバイバル手帳

ドイツで生きるアラサー女子ハピ子がドイツでの生活や、大好きなヨガについて綴っているブログです。

好き嫌い、意見が真っ二つ!?激しく感動的なスペイン本場のフラメンコを観てきました

Moin! ドイツ在住アラサー女子ハピ子です🤗🌹

ドイツではすっかりクリスマスマーケットが始まりました🎄✨

寒いし天気もイマイチですが、クリスマスマーケットは気分が上がります💕

 

この記事では、クリスマスマーケット・・・ではなく、先週末に旅行したバルセロナで観たフラメンコについて書きたいと思います💃

f:id:Handstand:20191126180704j:image

 

フラメンコの起源

スペインと言えばフラメンコ、フラメンコはスペインの象徴だと思われがちですが、実はフラメンコは、スペインの中のある地方に限られた文化なのです。
フラメンコが生まれたのは、アンダルシア地方で、その歴史は200年足らずと言われています。
アンダルシア地方は、スペインの一番南に位置し、古くから様々な地域との交易が盛んだった土地であり、インド、ユダヤ、アラブ、ギリシャなどの異国情緒に富んだ音楽文化を持っていました。
15世紀の中頃、スペインの南部アンダルシア地方に移住してきたジプシーが、自分達の音楽とアンダルシアに伝わる音楽を融合させて作ったのが、フラメンコの起源と言われています。

出典:ホームメイト

 

フラメンコの魅力は自由でリズミカルなダンス

強いアクセントと起伏に富んだメロディー、こぶしのきいたうなるような歌(カンテ)、コンパスとよばれるフラメンコ独特のリズムは、観衆を情熱的、感傷的な世界に引き込んでいきます。
フラメンコは、まず歌(カンテ)それにギター(トケ)、踊り(バイレ)が合わさって作り出される芸術です。
型にはまらず自由な生き方を求めたジプシーのように、フラメンコはアーティストの創造性が活かされ、変化し続けています。
フラメンコを見て聴いている側は、ときには、踊り手や歌い手、またはギターの音色に強く激しく心と魂を打ちのめされるくらいショックを受けることがあると言います。

出典:ホームメイト

 

フラメンコの持つメッセージ

ジプシーの作り出したフラメンコの音楽には、実はジプシー達の悲しい苦しい思いが込められているのです。フラメンコの重要な要素となっている歌(カンテ)は、つらく厳しい生活を強いられてきたジプシー達の暮らしや仕事の様子、その中で味わった喜怒哀楽など人生を物語っています。
少数民族である彼らの作り出したフラメンコですが、多くの人々の心を動かす程情熱的で強烈な印象を持ち、その独特の文化は今も愛され、本来の性質を失うことなく歌い継がれています。

出典:ホームメイト

 

バルセロナのフラメンコ劇場TARANTOS

フラメンコが観れる劇場、TARANTOSへ行きました。

 

TARANTOS(タラントス)

Plaça Reial, 17 08002 Barcelona

https://tarantosbarcelona.com/en/

 

ランブラス通り沿いの小さな美しい広場、レイアール広場にあるタラントスはバルセロナで最古のタブラオ(フラメンコショーレストラン)です。

タラントスでは比較的お財布に優しい料金でフラメンコを鑑賞することができます。

 

料金は、約30分のショー鑑賞で17ユーロです。

ドリンク付きで22ユーロのチケットもありますが、ドリンクなしのチケットでも中に入って飲み物を購入することは可能です。

 

事前予約はした方が良いと思います。私たちは予約なしで行きましたが、席数は約80〜100ほどで、満席でした。

 

さて、ではその様子をご紹介いたします。

お店の前で待ちます。19時半からのショーは、19時に会場が開きました。

19時少し前に着いた私たちは10番目くらいに入場できたので、前方の席を確保することができてラッキーでした💃

f:id:Handstand:20191126180653j:image

 

タブラオの様子。開演前ですが、ほぼ満席。

右側にバーがあります。
f:id:Handstand:20191126180615j:image

 

開演。まず短い曲を1曲。男性と女性のダンサーが出てきました。

f:id:Handstand:20191126180601j:image

f:id:Handstand:20191126180606j:image

 

2曲めは女性ダンサーによるもので、約10分ほどだったと思います。

激しいタップと険しい表情、力強いカンテ(歌)に心を奪われました。
f:id:Handstand:20191126180552j:image

 

板が壊れない?と思うほどの力強いタップ。

大きな音には割と敏感な私ですが、その迫力に飲み込まれてうるさいとか音が大きすぎるとか感じませんでした。
f:id:Handstand:20191126180636j:image

 

その後男性ダンサーの一曲もあり(盛り上がりすぎて写真は撮りそびれました)、最後にまた一曲。動きが速すぎてぶれた写真しかありません😅
f:id:Handstand:20191126180556j:image


フラメンコはお好き?

フラメンコを見終わったあとは、とりあえず心を落ち着かせるためにバーへ。。

女性ダンサーのダンスの勢い、雰囲気、全てがすごくて引き込まれた私は興奮のせいか体もすごく熱くなって、感動のあまり気づいたら涙が溢れ出ていました。1時間でも2時間でも観ていられるなと思いました。

一緒にいたドイツ人のうちの一人は私と同意見で感動してまた来たい、と言っていましたが、残りの二人(正確にはドイツ人1人とロシア人1人)はうるさいし眉間のシワが深すぎて顔が怖いし別にこれ以上はいい、と言っていました・・😅

ジプシーの哀しみの踊りであるフラメンコですので、それをどう捉えるか、感じるかは人それぞれだなあと思いました。そこまでのエネルギーを観客に伝えきるダンサー達がすごいとも思いました。

なので、初めての時好きか嫌いかどっちに転ぶかわからないので短いショーがいいかもですね。
f:id:Handstand:20191126180659j:image

 

まとめ

フラメンコの感動をお伝えしたいのですが、私の拙い文章とイマイチな写真では伝わらないであろうと思うと残念です・・・。

ご興味を持ってくださった方はTARANTOSのサイトでも彼らのパフォーマンスが見れますし、Youtubeにも色々あると思うのでぜひ見てみてください・・・!!!

ここまでお読みいただきありがとうございました🙏💃🌹